●あそびやすく片づけやすい、おもちゃ収納。



OURHOMEをご覧くださりありがとうございます。
整理収納アドバイザー/Emiです。

「おもちゃが出しっぱなしになっていて片づかないんです・・・」

「成長とともにおもちゃが細かくなってきて、どう仕分けたらよいかわからなくて。」

といった、小さなお子さまをもつママならではの
お悩みをおうかがいします。

わが家には2009年生まれの、男女の双子がいます。
いったんおもちゃで遊びだすと、もちろん部屋はおもちゃでいっぱいに・・・^^;

でも、小さな子どもたちでも簡単に、元に戻せる仕組みがあるおかげで
寝る前には部屋はすっきりと片づけることができています。

「早くかたづけなさ〜い!!」と
怒ってしまう前に、ぜひわが家の「おもちゃ収納のルール」をご参考にしていただけると幸いです。


●1ジャンル1ボックス収納で遊びやすく、片づけやすい。



わが家はおもちゃを1種類ずつ1つのボックスに収める
「1ジャンル1ボックス収納」にしています。

そうすることで、子どもはおもちゃを選びやすく、
お片づけの際にもどこに仕舞えばよいかがすぐにわかります。

子どもはどこへでもおもちゃを持っていって遊びますよね。

ボックスごと持ち運ぶことができるので、
子ども部屋だけでなくリビングや寝室で遊ぶことができます。


●1アクションで取り出せる、扉やフタのないオープン収納。


出展:「スチールラックのすごい収納」ワニブックス
撮影:仲尾知泰


子どもスペースには、扉のある家具はひとつも使用していません。

子どもにとっては、扉の開け閉めが大変・・・
というのもありますが扉を開けなくても、
ほしいものが手に取れる「1アクション」=放り込むだけの収納を意識しています。

おもちゃ収納も同じく、扉もなければ引き出しもない
シンプルな収納です。

遊びたい!と思ったら、1アクションですぐに取り出せるので
子どもにとっても使いやすい収納になっています。

お片づけの際にも、それぞれのボックスにポイポイ放り込むだけ。
1歳くらいの小さなお子さんでも、遊び感覚でお片づけができますね。



●ラベリングのひとてまで誰にでもわかりやすく。



子どもたちが通っていた保育所を参考に
ボックスの前面におもちゃの写真を貼ったラベリングをしています。

中に何が入っているかパッとひとめでわかるので遊びやすく、
また元に戻すときも、ラベルの貼ってあるところに放り込むだけで
簡単にお片づけができます。

写真を撮るのがめんどう・・・という方は
おもちゃのチラシを切り抜いたり、手書きのイラストでもよいですね。

このひと手間が、のちの遊びやすい&片づけやすいをつくってくれます^^


●収納グッズはシンプルで使い回せるモノを選ぼう。



収納グッズは、子どもが小さいときだけしか使えないものを選ぶより
時や場所を変えても使い回せるものを選ぶようにしています。

連結していない、積み重ねたり横に並べたりできる
シンプルなものが使いやすくておすすめです^^

写真はOURHOMEオリジナルの桐素材を使った収納ボックスです。
深すぎず、小さすぎない程よいサイズで
子どものおもちゃ収納にもぴったりです。

本来、おもちゃは遊ぶためにあるもの。

遊びやすい収納をつくることが、裏を返せば片づけやすい収納にもつながるのです。
ぜひ、おもちゃ収納の参考になさってくださいね^^


▼「子どもが自分でできる!身支度ロッカー」について詳しくご紹介しています。



▼OURHOMEオリジナル「桐のはこ。」
おもちゃの収納や根菜入れなど、あらゆる場所で活躍するシンプルな収納ボックスです。




▼Gakken×OURHOME「めじるしポケット」
写真ラベルを入れておくのに便利な、貼ってはがせるシールタイプのポケットです。




▼Emi著「おかたづけ育、はじめました。」(大和書房)
おもちゃ収納や子どもの身支度収納など、ママにとってうれしい情報が満載です。




▼私が主宰している「OURHOMEくらしのレッスンスタジオ」では
おもちゃ収納のワークショップを定期的に開催しています。